こんな状況の従業員様はいませんか?

肩・背中の痛み

腰の痛み
目の疲れ
首の痛み
残業・休日出勤による疲れ
成果主義や納期のプレッシャー
取引先とのプレッシャー
人間関係の問題

サービス導入後の従業員様の変化

身体のリフレッシュ

疲労回復により仕事の効率が上がります

心のリフレッシュ

企業外の人間との、何気ない会話によるストレス軽減

健康意識の増加

セルフケアでの健康管理により、ヘルスケア予防・QOLの向上につながります

生産性UP

モチベーションと集中力UPにより生産性が上がります

帰属意識の向上

社員の体調を気遣ってくれる企業と考えて、進んで貢献したいと考えます

従業員満足度の向上

仕事が終わったら早く帰りたい従業員様の、大切な時間とお金の有効利用ができます

従業員への健康支援はコストではありません。

企業を取り囲む環境は大きく変化している中で、特に生産性の向上・人事の確保が重要な課題となっています。
この課題に対応するために、健康経営や健康企業宣言などで従業員の健康支援に力を入れている企業が増え続けていますが、まだまだコストとして捉える企業様が多いです。

しかし、2017年東京大学政策ビジョン研究センター(現・未来ビジョン研究センター)の調査によると、体調不良などによる従業員1人あたりの労働生産性損失は年間76.6万円(欠勤によるコスト3.6万円、出勤時の体調不良によるコスト73万円)、1事業所あたりの労働生産性損失は年間2,004万円と推計しています。このことから、特に出勤時の従業員の健康への投資によるリターンは大きいと考えることができます。

そこで、 弊社サービスはを出勤時の従業員に対しておこなうことで、課題解決に役立ちます。
さらに、福利厚生などで導入することにより、 費用対効果が見込めます。

企業の生産性向上と従業員の健康のために

経営者様や管理職・人事部などの方は、疲れやストレスが溜まった状態の従業員様がどのくらいいるか把握されているでしょうか?

日々の業務に追われるなかで、社員全員の身体の状態を把握することは難しいと思います。しかし、もし、疲れやストレスが溜まった状態を放っておいてしまっているような状況でしたら質のいい仕事はできないのはもちろん、ココロとカラダの調子を崩してしまうかもしれません。
それは、 大事な従業員様の長期休暇などにつながり組織や業務に大きな影響を及ぼしてしまいます。

このような深刻な状態にならないように、対策や予防が必要な企業様は多いです。
健康の専門家による弊社サービスを利用することで、従業員様が心身ともにリフレッシュし、従業員満足度の向上、業務の生産性(作業効率)の向上、従業員定着率の向上(離職率低下)につながります。

さらに、この健康支援の活動が継続していく事で、企業のイメージがUPして優秀な人材の獲得につながり、業績・企業価値の向上にもつながります。

お気軽にお問い合わせください。050-7114-7477受付時間 10:00-18:00 [ 日・祝日除く ]

お問い合わせ